APPLE

docomo版iPhoneが出るならば

By 2011年12月14日 No Comments

去る2011年12月1日、折しもSIMフリー版iPhone 4Sがテザリングできる事実を知って、私が衝撃を受けていた頃、日経ビジネス誌のオンライン版が「NTTドコモが来年夏にiPhoneを発売」とスクープする記事を報じました。同日、ドコモは広報を通じて「iPhone取り扱いについてアップルと基本合意した事実はないし、現時点においてアップルと具体的交渉をしている事実もない」とコメントし、日経ビジネス・オンライン版の報道を否定するという、docomo版iPhone騒ぎがありました。

結局の所、正式なdocomo版iPhoneは出るのか?
この報道話が先週末辺りまでiPhone話ネタになっていた事と思います。結局、出そうにないね、という感じで沈静化しましたが・・・。私も「どうなの?」という心境なのですが、出るとしたら現行iPhone 4SはXi回線には対応していないので、対応するなら次期以降のiPhoneでとなります。早ければ次期機種である「iPhone 5」がXi対応機という事になりますね。

iPhoneがXi回線でドコモから出るとするならば・・・と、多くの記事等で予測されているのが、Softbank版やau版のiPhoneで封印されている「テザリング」機能を有効にしたまま発売する、というものがあります。Xi回線は3G回線よりも大容量且つ高速なので、テザリングしてもそのデータ量に対応できるものと思われます。人によってはiPhoneをWi-FiルーターとしてPCやゲーム機を繋いで、自宅のフレッツ等のネット接続回線を解約してしまうのではないでしょうか。(この辺りは、2011-2012冬春モデルのXi端末でも勿論可能です)

私の場合、現在の住まいがFOMAハイスピードエリアなので、今、Xi回線対応の高速通信可能なiPhoneが出てもXiエリアが整わない限り、iPhoneを買い替えても恩恵がありません。頻繁に都内等のXi対応エリアへ出掛ける用事があれば、買い替えたいと思いますが・・・。例えXi回線対応のiPhoneが出たとしても、Xiエリアが私の行動範囲をカバーするまでは、現在使っているSIMフリー版iPhone 4Sを使い続けたいと思います。