APPLE

SIMフリーiPhone 4SドコモXi契約、その後。

By 2011年12月15日 2 Comments

SIMフリー版iPhone 4SをドコモXi契約で使い始めて一週間が過ぎました。日々使う中で、Xi契約についてその後気になった事を書き留めておこうと思います。

やっぱり高い! 他社キャリアへの通話

Xiの割引サービスである「Xiカケ・ホーダイ」(月額700円)を契約すると、24時間、全てのドコモ携帯への通話が無料になります。とても素晴らしいで す。が、一方で他社キャリアへの通話は、30秒21円という高額な従量料金が発生します。うっかり他社にはかけられませんね。でも連絡先の相手がそれぞれ どこの携帯キャリアなのか全てを把握してはいません。そこで、「Xiカケ・ホーダイ」に加入すると電話発信時、相手がドコモ回線であればプルルルとコール音に鳴る前に「ドコモ♪」と、ドコモのテレビCMの最後に流れるサウンドロゴが聞こえます。この「ドコモ♪」が聞こえれば「無料」、聞こえなければ「30 秒21円」という事になります。「ドコモ♪」が聞こえなかったら、即、切りましょう。そして固定電話から電話をかけ直す方が賢明です。

つい先日「ドコモ♪」が聞こえなかったので、切ろうと思うが早いか遅いか、いやいや思いの外相手が電話に出るのが早くて、切る事ができなかった携帯通話があ りました。こちらは早く話を切り上げたかったのですが、妙に長話をする方で・・・iPhoneの通話履歴で確認したら、14分。うわ・・・588 円・・・。しばらくは固定電話(ひかり電話の場合、対携帯電話への発信で1分17〜19円)も併用していきたいと思います。

将来的にXiでも割引や無料通信分が登場する可能性大?

改めて私のXi契約内容についてですが、料金プランとして「タイプXi にねん」、割引サービスとして「Xiカケ・ホーダイ」及び「Xiパケ・ホーダイ フラット」、オプションサービスとして「mopera U スタンダードプラン」に加入しました。先日書いた、iPhone 4SをドコモXiで使う【購入契約編】では触れませんでしたが、従来のFOMA契約からの契約変更にあたり、「タイプXi にねん」に申し込む関係で従来の「いちねん割引」が廃止扱いとなりました。これは「タイプ Xi にねん」が文字通り2年契約のため、1年間継続して利用する事を前提とする「いちねん割引」が無効になってしまうための措置です。

「いちね ん割引」は、継続利用による料率変化というものがありました。私は10年以上ドコモユーザなので、 今まで料金明細には「いちねん割引料(継続利用期間10年超)」と記載がありました。10年超は最大の割引率となり、FOMAの頃は基本使用料が25%割 引されていました。本来、この「いちねん割引」を廃止すると、解約金3,150円がかかりますが、今回のXi契約変更では解約金請求はありませんでした。

Xi契約に変更してから数日後、オンラインで料金明細を確認できる「My docomo」 ページにて明細内訳を確認していると、ふとある事に気が付きました。料金プラン名が「タイプXi にねん」ではなく「タイプXi にねん(10年超)」となっているのです。(ドコモショップ窓口で渡された「タイプXi にねん」の申込書にも同様の記載があったのですが、後から気が付きました)これまで「いちねん割引」に追記されていた「10年超」が、一切割引の無いプランである「タイプXi にねん」に追記されているのです。これはもしかすると、将来的に継続利用者には何かしらのフォローがあるのではないでしょうか。

実際、「タイプXi」と「タイプXi にねん」は10年超のドコモユーザであっても何の割引もなく、全くの新規契約者と同じ料金が適用される事になります。確かに音声通話においてXiトーク24の構成(「タイプXi にねん」+「Xiカケ・ホーダイ」)は、破格の料金設定だと思いますが、長年ドコモを利用しているユーザに対して、何のフォローもないのは寂しい限りです。しかし今回、「タイプXi にねん(10年超)」の記載を見た時、今後、継続利用期間に応じて割引または無料通信分が登場するのではないかと思い始めました。

あくまで個人の予測に過ぎませんが、現在行われているXiスタートキャンペーンが終了する来年4月30日以降、今はキャンペーン価格となっている「Xiパケ・ホー ダイ」や「Xiデータプラン」の各コース割引が本来の金額に戻るとあわせて、継続利用期間に応じた割引や無料通信分が手当される気がしています。

ネット上では、現在のキャンペーン割引額が他社との価格対抗の影響でズルズルと延長していくのではないかとする予想が多く見受けられますが、既にキャンペーンページの「ご注意事項」で「※キャンペーン料金適用期間終了後は、通常料金が自動的に適用となります。」と明記されている事から、割引期間延長はあまり現 実味が無い気がしています。代わりに、継続利用期間に応じたフォローであれば、永くドコモを使ってきたユーザは報われますし、割引後の料金が現在のキャン ペーン価格に近い料金計になれば、めでたしめでたしではないでしょうか。料金プラン名称のちょっとした追記からの希望的観測ですが、「タイプXi にねん」ではなく「タイプXi にねん(10年超)」はきっと意味がある事だと淡い期待を抱いています。

うっかりFaceTimeをオン・オフすると、その都度課金

iPhone 4SではFaceTimeが電話番号でアクティベートできる様になりましたが、設定画面にてうっかりオン・オフを繰り返すと、その度に「国際SMS通信料」が発生します。これはパケット通信外となるので、注意が必要です。一度アクティベートしてFaceTimeが使える状態になったら、何か理由が無い限りはオンのままにしておきましょう。もちろん、使う予定がない方はオフのままでもOKです。(FaceTimeはWi-Fi接続時のみ利用可)

Join the discussion 2 Comments

  • 紅のTaka より:

    こんにちは

    他社への通話についてはNTTコムが提供している
    050Plusを契約してこの番号を常用するという方法もあります
    ドコモならそのまま発信、他社なら050Plusで発信と
    http://050plus.com/pc/index.html

    • makoto より:

      > 紅のTakaさん
      コメントありがとうございます。
      仰る通り、050 plusという手もありますね。
      ただ、音質が悪すぎる事と、やはり番号が別個になってしまうのがスマートでは無くて抵抗があります。
      とはいえ、どうしても電話しなくてはならない相手が、固定電話だったり他社携帯だったりした場合は、050 plusを併用するといいなあと思っています。

Leave a Reply