APPLE

定額パケットのスマホ同士なら他社通話も無料になる

By 2011年12月27日 No Comments

以前に、iPhone 4SをドコモXiで使う【購入契約編】の中で触れましたが、ドコモXi契約による「Xiトーク24」状態は相手がドコモであれば24時間無料の天国である一方、他社携帯(一般電話や留守電サービス)への通話は30秒21円という地獄が待っています。これを少しでも緩和したり、無料にする方法が無いかとiPhone 4S購入前後から色々と調べてきました。SoftBank版iPhoneの場合は、Wホワイトに加入する事で他社への通話が半額(1分21円相当)になりますし、au版iPhoneも無料通信分のあるプランを選択するといった緩和策(支払いはする事になるので、あんまり羨ましくはない)があります。しかし、ドコモXiにはそんなフォローは今のところ一切ありません。

何か方法はないかと調べる中で、iPhone同士または相手がスマホであれ ば携帯会社が異なっても、安価に、または無料で通話する方法が幾つかある事が解りました。その方法は、言ってみれば音声通話ではなく、いわゆる「IP電 話」である、という事が基本になります。有名なものから新興のもの、またちょっとアヤシイものまで、IP電話アプリは多々あります。とりあえず、私が iPhone 4S購入前後から気になっていて、実際にインストールしたものを記します。ちなみにIP電話アプリは音声通話ではなくデータ(パケット)に変換して通話を行うため、パケ・ホーダイ等のパケット定額サービスには入っておく必要はあります。一応、念のため。

Skype App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料
言わずと知れたIP電話の先駆け、スカイプです。ユーザID登録したSkypeユーザ同士ならば、通話無料。

LINE App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料
最近急速に広まっている、NAVERによる国産IP電話アプリ。こちらもユーザID登録したLINEユーザ同士ならば通話無料。

Viber App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料
密かに広まっている完全無料のIP電話アプリ。こちらはユーザIDを登録するのではなく、自身の携帯電話番号を「認証」する形で利用可能。つまり、携帯の電 話番号だけで発信・着信できます。番号認証後に電話帳データをViberのサーバへ送信するため、自動的にViberを使っている相手(Viberを使っ て無料電話がかけられる相手)が解ります。

今のところ上記3つのアプリを入れています。いずれもアプリとしては無料ですし、パケット定額サービスに入っているお陰で、どれだけ通話しても別途通話料がかかる事はありません。中でもよく使っているのは、怪しさいっぱいのViberです。このアプリのおかげで、知人のau版iPhone 4とiPhone 4S、SoftBank版iPhone 4と無料通話ができています。時々遅延がありますが、音質はかなり良くてなかなかに快適です。何より電話番号で直接発信できるのが便利です。ユーザID登録型も良いのですが、いちいち相手に教えたり教えてもらったりが面倒(最近はSkypeもLINEも電話帳から知り合いと思われるIDをおすすめしてきま すが・・・)ですし、IDで呼び出すのは直感的ではありません。

Viberの話をもう少し。Viberにはメッセージアプリと同じ画面デザ インのテキストメッセージ機能もあります。iPhone同士でやりとりするメッセージアプリでは発信時に別途SMS送信料がかかりますが、Viberの同 機能を使えばこちらも無料です。やりとりした履歴は純正メッセージアプリ同様に残ります。また、絵文字アイコンも使えます。しかし、ちょっと心配な面もあ ります。Viberについては広告も表示されない事から、どのような収益モデルになっているのかが不明で、電話帳データをViberサーバに吸い取られる 事から、危険視する方も大勢います。電話帳の全データが渡っていると考えて良いと思いますので、名前と電話番号以外はあまり個人情報(メールは仕方ないと しても、住所等は控えましょう)を入れない方が良いと思います。

さて、本題に戻ります。いずれのアプリもAndroid版もリリースされているようなので、iPhone同士だけでなく、他社のAndroid携帯(つまりはスマホ)とでも無料で通話する事は可能という事になります。ただし、相 手がガラケーの場合はこの手は使えません。スマートフォン購入に対して戸惑っている方や、二の足を踏んでいる方は、通話無料になるとしたらいかがですか? (相手がドコモしかいない場合は、FOMAでもXiトーク24を契約すれば、家族でなくてもドコモ携帯への通話が24時間無料なので、こちらをおすすめし ます)

とはいっても、全員がすぐにスマートフォンを購入する訳ではありませんので、最後に残る問題はiPhone(スマホ)から、ガラケーへ発信する場合でしょうか。前述通り、ドコモならXiカケ・ホーダイでドコモへの通話が24時間無料、SoftBankならWホワイトで1時〜21時は SoftBank同士無料、auも1時〜21時はau同士無料のプランがあります。しかし、携帯キャリアが異なると、途端に30秒21円 (SoftBankはWホワイトで他社半額)の世界です。そこで、コストがかかる割には音質がかなり悪くておすすめしにくいのですが、当面、次のアプリも 併用すると良いかなと思います。

050 plus~アプリ間無料通話/携帯・固定への通話も安い App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料

NTT コミュニケーションズが運営する050 plusというIP電話サービスです。このサービスは契約すると、050で始まるIP電話番号を取得できます。iPhone等のスマホならば、番号2つ持ちという事になります。月額315円の基本料がかかりますが、国内の一般固定電話へは全国一律3分8.4円、国内の携帯電話へも全事業者一律1分16.8 円で発信できます。かなり安く電話をかけられるので、どうしても固定電話へかけなくてはならないとか、相手がガラケーの場合とかは、音質覚悟で使いましょ う。

尚、相手が同じ050 plusユーザ、または050 IP電話(一部を除く)ならば無料で通話できます。(2011年12月現在、当面の2ヶ月分の基本料が無料になるキャンペーン実施中なので、音質や使い勝手を試されてはいかがでしょうか)